介護福祉士実務者研修証明書


介護の専門家としての資格

平成28年度の介護福祉士の国家試験より受験資格の必要条件が大きく変化します。

これまでは3年以上の実務経験があれば良かったのですが、28年度以降ではそれにプラスして介護福祉士実務者研修というものを修了していることが必要になります。

この実務者研修とは延べ450時間に及ぶ研修で、修了には最短でも6ヶ月と長い時間がかかり、最終的には筆記試験に合格し、やっとのことで修了という形になります。

費用も決して安くは無く、敷居の高い研修といえますが、その代わりにこの研修を修了し国家資格である介護福祉士を取得すれば、晴れて介護のスペシャリストとして認められた事になります。

介護福祉士実務者研修証明書への道のり

あなたが介護の専門家だと証明するのが、介護福祉士に合格した際の証明書はもちろんですが、実務者研修を修了した際に貰える介護福祉士実務者研修証明書となるわけです。

この証明書は450時間に及ぶ座学と実習からなる研修を全て受けるのはもちろんですが、上記の通り研修の最後に試験形式の修了認定に合格することで、やっと交付してもらう事が出来ます。

また既に取得・修了している資格・研修などによって、例えばホームヘルパー2級取得(介護職員初任者研修修了)の人ならば、実務者研修は320時間へと短縮、また介護職員基礎研修修了者は実務者研修修了へと資格移行をするために50時間の研修が必要、などと大きく研修時間が変わる点にも注意が必要です。

実務者研修には上記の資格・研修と重複している点が多いので、既得者は超えている範囲の研修、また未経験者はその逆で実務者研修さえ修了すれば、上記の資格・研修を包括して修了した事となります。

国家試験の部門変化と証明書の必要性

実務者研修証明書ですが、27年度の介護福祉士の試験では証明書を添付すれば試験での実技部門(または実技講習)が免除になるという特典があり、また28年度以降では試験から実技部門が完全に廃止になりますので、試験を受ける際には証明書が必要になります。

この証明書ですが、試験申し込みに添付する際には原本である必要があるので、大切に保管して下さい。

また再発行は有料ですが可能ですので、交付を受けた学校などに問い合わせてみましょう。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

介護福祉士実務者研修の基本情報

介護福祉士実務者研修を受講できるところ


このページのトップへ