介護福祉士実務者研修 大阪


受験には研修が必要
介護福祉士への受験資格が平成27年より大きく変更になります。
今までは必要条件としては3年間以上の実務経験のみで、資格試験として筆記試験と実技試験(講習によって免除可能)を受ける、という形でした。
しかしながら27年度の変更により試験を受験するための必要条件として、3年間以上の実技経験とその他に介護福祉士実務者研修を修了が加えられました。
この介護福祉士実務者研修は延べ450時間の研修で最短で半年間の研修期間とされており、これにより福祉専門学校や資格取得専門学校は大きなカリキュラムの変更を余儀なくされています。
福祉専門学校や大手の資格取得学校ではこの変更に対応したコースが受講されつつありますが、業界全体でも万全の態勢が整っているとはなかなか言い辛いのが現状です。
また資格取得に必要な研修などの名称も介護福祉士からホームヘルパーの資格まで大きく変わっており、これから試験に向け準備をする人にとっては非常に注意が必要な状態です。

大阪で研修をうけたい!
大阪に限らずほとんどの地区で、これまでこの分野においては大手民間学校が非常に力を発揮しており、あまり選択肢は広くない状態でしたが、現在ではハーローワークから斡旋される職業技能訓練一環として、介護福祉士の受験を目指す事も可能になってきたので、選択肢は間違いなく広がりつつあります。
しかしながらその分、いざ受験を目指し勉強を…と思った時に、一体どういった基準で学校を選択すればいいのかわからなくなりがちなのが実情です。
大阪府では非常に多くの専門学校があり、きっと皆さんのスタイルに合った学び方が可能なはずです。
例えば、通信制なのか、それとも実際に学校に通って受講するのか、もしくはオンデマンドの受講形式にするのか、こういった点でも同一の学校でも複数の受講形式・コースを用意してくれています。
また今までに比べて研修の時間が長くなるので、その分もちろん講師の質も重要になってきますし、何しろ最低でも半年、働きながらだと9ヶ月などのコースも用意されていますから、その分通いきれる学校、無理の無い受講形式を選択することは資格に近づく第一歩だと言えます。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

介護福祉士実務者研修の基本情報

介護福祉士実務者研修を受講できるところ


このページのトップへ