介護福祉士実務者研修 日程


介護福祉士国家試験の大変化

2015年の1月より介護福祉士の資格受験の必要条件が大きく変わります。

今までは3年間以上の実務経験のみでしたが、変更後はそれにプラスして「介護福祉士実務者研修」という450時間に及ぶ研修を修了が義務付けられます。

この大きな変更を前にして、福祉専門学校などの資格取得専門学校は一斉にカリキュラムの変更を迫られ、業界においてもそしてもちろん、受験を志す人達にとってもこれまでどおりの通例が見出し辛くなってきています。

既に取得している資格、もしくは修了済みの研修に応じて、450時間という研修時間は大きく変わるので、学校への通い方も変えざる得なくなります。

新たに受験を志す人、また既に持っている資格を活かしてキャリアアップを図りたい人は、新たに専門学校を選ぶ必要がありますが、何を基準にして選択をすればいいのか、なかなか難しい状況です。

しかしながら、450時間の研修を修了するには最短でも6ヶ月と、これまで以上に長期にわたって学校で学習する必要がありますし、働きながら修了を目指すコースですと9ヶ月を目処としている学校もあります。

日程は学校選びのポイント

学校選びでまず一番に注目すべきなのは、半年以上の間学習が続けられる学校であるかという点で、そういった意味では受講コースの日程は非常に重要になってきます。

介護福祉士実務者研修には実技演習も重要になりますので、受講コースは根本では通学コースもしくは通信+通学コースの二種類が殆どです。

通学コースの場合重視すべきなのは、やはり休まずに通える距離なのか、そして無理の無い日程なのかどうか、という点です。

例えば仕事をしながら修了を目指すのであれば、土日限定開講のコースが妥当でしょうし、もし仕事が早く終る方なら平日夜限定コース、家庭に入っている方なら平日日中など、自分の生活スタイルにあった日程のコースを選択するべきでしょう。

また通信+通学コースでも、実際に学校に赴くスクーリングの日程は少ないながらも限られているので、そこを外すことない日程(土日限定スクーリングなど)を選択し、生活と学習の両立を成立させましょう。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

介護福祉士実務者研修の基本情報

介護福祉士実務者研修を受講できるところ


このページのトップへ