介護福祉士実務者研修 資料


現在高齢化社会が急速に進行している日本では、介護や福祉に対する需要が高まり、介護職の見直しも進められています。
介護職員には、より専門的かつ高度な技術が求められていくのが現状です。
将来的にはホームヘルパーと呼ばれる訪問介護員制度が廃止され、介護の基礎資格は介護福祉士となるよう制度も変わる予定です。

介護福祉士の受験資格
介護福祉士は国家試験となります。
受験資格はこれまでですと「実務経験3年以上」のみでしたが、2016年度(2017年1月の試験)からは更に「介護福祉士実務者研修」の受講が義務化される予定です。
各介護の養育施設やスクールでは、実務者研修の開講が既に行われています。

学習方法は2種類
実務者研修の受講には大きく分けて2種類があります。
通学によるコースと、通信教育によるコースです。
しかし通信教育コースとはいえ、一部カリキュラムにはスクーリングによる実技の訓練などがありますので、10日間ほどの通学が必要になります。
様々なスクールがありますが、出張講座の開講や全国の拠点で定期的に講座が開かれているスクールもあるので、お近くにスクールがない場合には、こうした出張講座を行っていたり全国規模で展開しているスクールを選択するとよいでしょう。

スクールにより受講内容や料金も様々
介護専門のスクールが様々あり、選ぶのにどこにすればよいか迷ってしまいますよね。
実務者研修のカリキュラムは一律ですが、スクールにより分かりやすい授業であったり、試験に合格しやすい環境づくりも徹底されていたりと様々あります。
料金設定も様々です。
無資格者と有資格者とでは受講に必要な時間も異なる為、料金も当然変わってきます。
大体の相場ですと、無資格者で30万円前後、ホームヘルパー1級取得者で10万円前後となっています。
スクールの中にはキャンペーンを行い、通常料金よりも期間限定で割引されるところもあります。
地理的条件や講座の内容、料金面など多面的に検討しながら最適のスクールを選択しましょう。
インターネットなどで簡単に資料請求が出来ますので、色々なスクールから資料を取り寄せて検討してみるとよいでしょう。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

介護福祉士実務者研修の基本情報

介護福祉士実務者研修を受講できるところ


このページのトップへ