介護福祉士実務者研修 > 介護福祉士実務者研修の基本情報 > 介護福祉士実務者研修 通学コース

介護福祉士実務者研修 通学コース


介護福祉の充実の為に

日本の全体の高齢化社会への危機が叫ばれて久しいですが、いよいよ一般生活を送る人々にも制度の変化などでその影響を顕著に感じることが多くなりつつあります。

その中でもとりわけ、直接的かつ分かりやすいのが、介護福祉士の受験資格の変更です。

今まで介護福祉士の資格受験の必要条件は「3年間以上の実務経験」のみでしたが、平成27年度よりこの資格受験の必要条件が大きく変わり、先ほどの実務経験の他に「介護福祉士実務者研修」というものの修了が必要となります。

この介護福祉士実務者研修は無資格・未経験の場合は延べ450時間の研修を修める必要があり、かかる期間は最短でも6ヶ月となっています。

またそれに伴い他の研修の名称も変更となり、一見しただけでは非常に分かり辛い状況となっています。

しかしながら例えば、ホームヘルパー2級の取得者や介護職員初任者研修修了者は実務者研修は130時間免除、またホームヘルパー1級取得者は355時間免除、介護職員基礎研修修了者は400時間免除など、研修内容が重複する場合にはこういった免除があります。

学校に通学するコースの強み

例えば既に何らかの資格を持っている人が更なるキャリアアップを図るために実務者研修を受ける場合や未経験の人が資格取得を目指す場合で、大きく学ぶ範囲が変わるのが実情です。

そこで各福祉専門学校、資格取得学校はあらゆる人の学習スタイルにあったコースを用意していますが、やはり一番多くの学校が扱っており、かつ学習効率が高いものが、通学コース、つまり自ら学校に定期的に赴いて講師から直接講義を受けるコースです。

通信制やオンデマンドなども多い昨今ですが、やはり通学コースの利点として一番大きいのは直接講義を受けられて、なおかつ疑問や理解度などに対してのレスポンスがその瞬間に返ってくる事でしょう。

実務者研修は半年から9ヶ月と非常に期間が長いので、通える距離の学校であることはもちろんの事、例えば平日夜開講のコースや、土日限定開講のコースなどもありますので、通いきれる通学コースであることを第一に意識して選ぶと良いかもしれません。

福祉関連講座でおすすめはほっと倶楽部

福祉関連の講座を受講されるのであれば、当サイトで1番おすすめしているのは、ほっと倶楽部です。

ほっと倶楽部は、福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムで、介護業界に特化している事業展開をしているだけあって、質の高い授業を受けることができます。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

介護福祉士実務者研修の基本情報

介護福祉士実務者研修を受講できるところ


このページのトップへ