介護福祉士実務者研修 都内


介護福祉士実務者研修って?
平成27年(2015年)より、日本の高齢化社会化への準備の1つとして介護福祉士の試験への受験資格が大きく変化します。
現在では3年間以上の実務経験があれば介護福祉士への受験資格として十分でしたが、平成27年より3年間の実務経験に加えて、450時間の実務者研修が必要となります。
これは介護福祉士の更なるスキルアップを狙いとしたもので、現在の試験での実技試験がなくなる代わりに、この実務者研修が必要となる予定です。
既にホームヘルパー2級を取得している人は、実務者研修が130時間が免除されますが、この受験資格の大幅な変更は各所で議論を呼んでおり、また様々な専門学校が大きくカリキュラムを変えて、この変化に対応しようとしています。
しかしながら広く周知されていないのが現状でありますし、実務者研修とはいえ例えばどこでその研修が受けられるのか、などといった疑問が大きく出てきます。
この介護福祉士実務者研修はまた専門学校側も完璧な態勢が出来上がっているとは言い難い状態ですが、都内では多くの福祉専門学校や大手資格専門学校が介護福祉士実務者研修をカリキュラムに含んだ資格取得コースを一斉に開講しています。

都内で研修をうけるには?
やはり都内は福祉専門学校、資格取得専門学校の数が非常に多く、いざ実際に資格取得を目指そうと思っても、なかなかどの学校を選べば良いものか判断がつかないのが実際のところです。
そういった場合にいくつか観点として持っておきたいものがあります。
例えば、開講されているコースによって、平日の夜限定、もしくは土日限定で学校に赴く必要のある実習が組まれているコースもあり、まさに働きながら資格取得を目指す人の為のコースと言えます。
他にも必要最低限の実習以外は全て通信制の形をとるコースもあれば、オンデマンドでの受講が可能なコース、また実際に学校で赴いて教員と顔を併せて受講が出来るコースなど、様々なものがあります。
また受講料も学校によってかなり開きがあるので、まずは資料を請求して自分の生活スタイルに合ったコースを選択するのが必要だと言えます。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

介護福祉士実務者研修の基本情報

介護福祉士実務者研修を受講できるところ


このページのトップへ