介護福祉士実務者研修 > 介護福祉士実務者研修の基本情報 > 無資格と有資格の違いは介護に影響しますか?

無資格と有資格の違いは介護に影響しますか?


介護士として働くなら無資格と有資格の違いは介護に影響があるでしょうか?

介護の資格を取得していない無資格の方にはさまざまな事情があり、単純に無資格でいると言う方は少ないです。

今は仕事が忙しくて資格取得への動きが取れないとか、実際の家族の介護で忙しいなど、人それぞれです。

しかし、介護士として働くためには、無資格と有資格の違いは影響があります。
実際の介護の現場では、できる仕事の内容が変化していきます。
資格があるからできる仕事と、誰でもできる仕事と言うのはどんな業界でもありますから、仕方がないことです。

求人情報を見ていると無資格の方でも良いと言う募集があるのも事実で、こうした現状が資格取得をした方が良いのかどうかを迷わせる原因にもなります。

介護士としてちゃんと働く気持ちが強くあるなら、資格は取得しておいた方が良いです。
とりあえずの働き口として働くなら無資格でも良いと言えます。

注意が必要なのは、先にも触れたように、仕事の内容には影響があるということを忘れてはいけません。

介護に興味があるならまずは知識と資格を取得してみる

どんな仕事でもそうですが、何の知識もない状態で、確実な仕事や丁寧な仕事はなかなか出来ません。
介護は仕事と言っても相手が人間ですから、確実で丁寧な仕事でなければならない業界です。

こうしたことを考えると、介護に興味がある場合は、まず基礎知識を得るためにも資格を取得することが望ましいです。

介護は高齢者が相手なので、正しい知識を持って接しないと、高齢者にケガをさせたり、場合によっては歩行可能な人を寝たきりにさせてしまうことがあります。

そうなった時のことを考えてみると、とても恐ろしいことです。
手の差し伸べ方1つも、体の支え方1つも、コツが必要だったりしますから、まず興味があるなら正しい知識のためにも資格を取得すると良いです。

無資格でも携わることはできますが、万一の事を考えると資格取得が無難です。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

介護福祉士実務者研修の基本情報

介護福祉士実務者研修を受講できるところ


このページのトップへ